自然素材

皆さんこんにちは。HIRO.Sです。

今日は自然素材の「断熱材」の話をさせていただきます。

 

断熱材とは、内壁と外壁の間などに設置するとこで、室内の熱が外へ伝わりにくくするものです。熱は暖かい場所から冷たい場所へ移動します。そのため家が断熱されていないと、冬には部屋の暖かい空気が外へ逃げてしまい、逆に、夏には部屋を冷やしても外の熱が室内に伝わってきてしまいます。断熱材を入れることで、少ないエネルキーで室内を快適に過ごすことができます。

セルロースファイバー

天然の木質繊維でできた断熱材です。古新聞や段ボールなどを細かく裁断し、燃えにくい加工が施されています。繊維の間に空気を含むことで、断熱性能を発揮します。ガラスや岩石を繊維状にしたものと違い、繊維の間だけでなく繊維1本1本の中に小さな空気の層を含んでいて、その空気の層が高い断熱層を有しています。収音性もあるので、室内の音や外の騒音が気になるなる方にもおすすめです。木ならではの調質作用で、湿度が高いときは水分を吸収し、乾燥しているときは湿気を放出します。

 

羊毛断熱材

天然の羊毛を原料とした断熱材です。羊毛の繊維1本1本にたっぷり空気を含むことで断熱性能を発揮します。セルロースファイバーと同様に調湿作用があり、湿気が高いときは水分を吸収し、表面を乾いた状態に保ちます。湿気の多い日本には適した断熱材で、カビやダニ、結露などを防ぐ効果があります。火に弱いイメージがありますが、意外と燃えにくく熱が加わると炭になり、炎が立ちにくい素材となります。有毒ガスも発生せず安心です。虫を寄せ付けない防虫処理も施されています。また、羊毛にも収音効果があり、室内外の音が気になる方にもおすすめです。

 

炭化コルク

ワインの栓と同じ「コルク樫」の樹皮を原料に作られた断熱材です。コルク樫の樹皮を砕き高温で蒸し焼きにすることで高い断熱性を発揮します。ワインの栓に使われるように耐水性があり、水廻りに使用するのに適した素材です。調湿効果があり、室内の湿度を適切に保ち結露の発生を防ぎます。また、遮音性もあります。

 

 


カテゴリー: HIRO.S パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>