自然素材

皆さんこんにちは。HIRO.Sです。

今日は自然素材の「壁材」の話をさせていただきます。

 

日本では古くから左官仕上げによる自然素材の塗り壁が多く用いられてきました。水分を含む漆喰などの壁材を左官職人がコテで塗り付けていく技法は、日本建築の内装に独特な雰囲気をもたらしてきました。しかし、近年になるとこの工法は工期が長く施工費も高くなることから敬遠され始め、代わって石膏ボードにビニールクロスを糊で貼り付ける方法が多く採用されるようになりました。ビニールクロスには工期が短くてすみ安価というメリットがありますが、原材料が塩化ビニールのため可塑剤や変色防止剤、カビ防止剤など様々な化学物質の添加が必要です。これらの化学物質はシックハウス症候群の原因になる恐れがあり、また、ポリ塩化ビニールは燃やすと有毒ガスを発生するため、最近はまた日本古来の健康的な自然素材の壁材を見直す動きが活発になってきました。

漆喰(しっくい)

漆喰は消石灰(学校などのグラウンドに引く白線)に麻や藁の繊維または川砂などを加えて糊で練り上げたものです。きれいな白色が基本ですが、顔料などを加えることによって様々な色合いを出すこともできます。漆喰は左官職人がコテで塗り広げるため、職人の技量や感性によって出来上がり具合が左右される面白さもあります。近年、施主が子供と自由に塗る姿も見られます。メリットは、調湿作用がある、カビが生えにくい、耐火性が強く有毒ガスを発生しない、吸音性が高いなどがあげられます。

珪藻土(けいそうど)

珪藻土は七輪の材料に使われる土で、植物性プランクトンが沼や湖に堆積したものが原料です。壁材に使用する場合は珪藻土に糊を練り込むので、自然素材にこだわるなら糊の材料に何を使っているか確認する事も必要でしょう。メリットは、調湿作用がある、耐火性能が高い、消臭作用がある、断熱・保温性能に優れる、防音効果が高いなどがあげられます。

聚楽壁(じゅらくかべ)

聚楽第付近の土を原料としたことからこの名前が付きましたが、現在では土の産地に関わりなく同じような仕上げの壁を聚楽壁(京壁)と呼んでいます。珪藻土の壁に比べザラザラとした質感があり、混ぜる土の色を調整することで様々な色合いを作り出せるのが特徴です。メリットは、調湿作用がある、耐火性能が高い、防音効果が高いなどがあげられます。

タイル壁

タイルには陶器質のものや磁器質、石器質のものがあります。水分を弾く性質や逆に吸い込む性質など、使う場所によって適した物を選ぶことで機能性を持たせることができる素材です。メリットは、壊れにくくメンテナンスが容易、必要な部分だけ施工できる、耐火性に優れる、組み合わせが自由などがあげられます。

和紙

楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)などの天然植物繊維から作られた和紙の壁紙は、ビニールクロスにはない自然の暖かみを感じられます。メリットは、通気性と調湿性に優れる、保温性能と収音性能が高いなどがあげられます。

 

 


カテゴリー: HIRO.S パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>