自然住宅サンビック 第弐拾七工事 蛟龍雲雨を得ば

毎度 いつもおせわになっております

N♪(のぶ)です

今週のテーマ曲は・・・・やっぱりそうきたか

HelloweenのEagle Fly Freeです

YouTube Preview Image

この曲はHelloweenの1988年に発表した

「守護神伝 第二章」(Keeper Of  The Seven Keys Part2)の

オープニング曲Invitationの次に流れる曲です

マイケル・キスクの声量豊かな突き抜けるハイトーン・ボーカルと

カイ・ハンセンとマイケル・ヴァイカートの重厚なギター

前年に発表された「守護神伝 第一章」(Keeper Of  The Seven Keys Part1)

と、もともと2枚組一作でする予定だったようで、この2作は

当時の私にスコーピオンズやアクセプト以来のジャーマンメタルの

凄さを感じました。

ところでハロウィーンはたのしくおすごしできましたでしょうか?

いわゆる”あちら側の人々”が流行らせてこの大日本帝国に根付かせたいこの風習

いかなるものなのでしょう?

もともとはケルト人の1年の始まりを祝う祭りが発祥と考えられています

キリスト教とは全く別の行事、死者の祭りでもない。

ケルト人の暦は11月1日が1年の始まりでサウィンまたはサマインと呼び

ささやかにお祝いをした

ケルト人は1年は闇から光へ進む と考えたため夜を大事にしていました

最も大切な日であるサウィンを祝う祭りは前夜(10月31日)から始まります

この世とあの世をつなぐ門が開く特別な時で、祖先がこの世にやってきて

知恵を授けてくれたり、妖精が飛び回って不思議なことが起きたりするとされました

日本でいう元旦やお盆のような祭りだったと考えられています

仮装を楽しむハロウィーンはアメリカ発祥です

アイルランドやスコットランドからの移民がケルトの祭りの風習を持込み

華々しく発展しました

 

アメリカにハロウィーン文化が渡って発展する中で魑魅魍魎がこの世にやってくる様子を

仮装で表したと考えられる。アメリカでも昔はシーツをかぶってお化けのふり

をするような簡単な仮装ばかりだったようです

 

スコットランドではカブをくりぬいてランタンを作ります

現世にやってくる祖先を導くあかりとしてつかっていて

日本のお盆の迎え火に似ている

カボチャのランタンはアメリカが始まり

 

 

 

お菓子をくれないといたずらするぞ

↑アメリカでは第二次世界大戦後にハロウィーンの定番として広がる

ケルトの祭りでは貧しい若者や子供が食べ物やお金を集めて回ったと言われています

 

キリスト教の万聖節の前夜を意味する

All Hallow‘s Eve を短くした言葉と考えられている

キリスト教では11月1日を聖者の日「万聖節」としています

キリスト教の国々ではケルトのお祭りが万聖節の前夜のお祝いに代わって広まっていきました

日本人の方でもあちら側の人々の前夜祭として確実に広まっています

 

さて今回の言葉ですが

IMG_1921

 

蛟龍雲雨を得ば 復た地中の物に非ず

水中に棲む蛟龍(みずち)も一たび雲雨を得れば、もう池の中などに留まってはいない。

藤田東湖さんが詠んだものです

幕末の儒学者、水戸藩士。
名は彪(たけき)、字は斌卿(ひんきょう)、通称虎之助(とらのすけ)、東湖(とうこ)は号。
弱冠にして書を好まざるも、後に発奮勉励し文武両道に達す。
水戸の両田と称され、尊皇攘夷を推進するも、安政の大地震に圧死。
享年五十。

 

 

題菊池容齋龍圖(藤田東湖)

菊池容斎(きくちようさい)の龍画に己の志を兼ねて詠ず。

 

蛟龍得雲雨  非復池中物 こうりゅう うんうをえば またちちゅうのものにあらず
如何風塵裡  徒使英雄屈 いかんぞふうじんのうち いたづらにえいゆうをしてくつせしむる

 

水中に棲む蛟龍(みずち)も一たび雲雨を得れば、もう池の中などに留まってはいない。
さればどうしてこの世の中は、いつまでも英雄を不遇のままに留めるか。

ちなみに蛟龍とは蛟(みずち)。水中の竜。魚類の王。雲雨に際会して天に昇るという。

というわけで、


ここまで読んでくださって、

本当にありがとうございました

IMG_1281

181030_mother_02

181030_mother_03

181030_mother_04

181030_mother_05

IMG_1303

IMG_1342

IMG_1709

IMG_1749

IMG_1759

IMG_1828

IMG_1829

 

IMG_1833

IMG_1768

IMG_18684587

 

今宵はここまでにしとうございます

であまた

それではみなさん、おやすみなさい

582372_469147726481362_97494347_n

 

 


カテゴリー: N ♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>