自然住宅サンビック 第拾九工事 垢を流し、塵を除く

毎度 いつもお世話になっております

N♪です

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします

今回のテーマ曲はkansasのDust in the Windです

YouTube Preview Image

プログレッシブ・ロックで有名なカンサスが1978年に発表したアルバム

Point of Know Return(暗黒への曳航)の中の曲

邦題は 全ては風の中に

Dust in the Wind(風の中の塵さ、)と歌うこの曲

「人間はちっぽけな存在であり,たとえ何をしようとも最後には消えてしまう」とうたうこの曲は

「やればできる」「お前はすごいヤツなんだ」的な曲が全盛を極めている今日では

あまり歓迎されないのかもしれません。

しかし、

富も名声も最終的には消えてしまう。

それを「だからなにをやっても無駄」と捉えるか「些末なことに拘るな」と捉えるかによって,

この曲の持つ意味は大きく変わると思います

皆さんはどちらでしょうか?

この曲を聴いて仏教の教えである「無常感」を感じる人もいるでしょう

無常感といえば鴨長明の方丈記、

大火や竜巻、飢饉、地震などの厄災による不安な情勢や、

思い通りにならない作者の人生について、

また日野山における方丈庵での閑居生活の様子と心境が、

整然と簡潔な和漢混交文で綴られています。

有名な冒頭部

ゆく河の流れは絶えずして、

しかももとの水にあらず。

よどみに浮かぶうたかたは、

かつ消えかつ結びて、

久しくとどまりたるためしなし」

 

現代語訳ですと

行く川の流れは絶えることがなくて、なおその上に

もとの水と同じではない

流れが滞っているところに浮かぶ水の泡は

一方では消え、一方では生じて、長い間、同じであり続ける例はない。

 

そこで行ってきました出初式

IMG_9851

そうそうたる偉い人達

IMG_9852

 IMG_9853IMG_9854恒例のハシゴ

今回は女性の方も登場

IMG_9855

 IMG_9856IMG_9857IMG_9858IMG_9859IMG_9861IMG_9863

 

 それでは、今回の言葉ですが

「垢を流し、塵を除く」

この言葉はお釈迦様の弟子で有名なシュリハンドク(周利槃特)が

お釈迦様に命じられて精舎を掃除している時に唱えていたと言われる言葉です。

シュリハンドクは大変 物覚えが悪く、自分の名前すら忘れてしまうという話ですが、

ついには自分の才能に絶望し教団を去ろうとしたところ

お釈迦さまの「自らの愚を知る者は真の知恵者である」という言葉を聞いて思いとどまります

でも、彼にはどの修行も無理であった。そこで、お釈迦様が彼に与えた修行は、掃除であった。一本の箒を与え、「 垢を流し、塵を除く」と唱えさせ、精舎を掃除させた。彼は一心に掃除をした。

 何年もたったある日、シュリハンドクはお釈迦様に「 どうでしょうかきれいになったでしょうか?」と尋ねた。お釈迦様は「 駄目だ。」と言われる。どれだけ隅から隅まできれいにしてもまだ駄目だといわれる。シュリハンドクはそれでも黙々と掃除を続けた。
 ある時、子どもたちが遊んでいてせっかくきれいに掃除をした所を汚してしまった。シュリハンドクは思わず箒を振り上げ怒鳴った。「 こら!どうして汚すんだ。」
 その瞬間、彼は本当に汚れている所に気がついた。

 それ以来、汚れが落ちにくいのは人の心も同じだと悟り、ついに仏の教えを理解して、阿羅漢果を得たとされる。そして、お釈迦様はシュリハンドクが一生懸命に掃除をしている姿をいつも手を合わせて拝んだという。

次に使う人のためとか自分の続ける意志を高めるためではない。掃除を続けることそのことが大事なことなのだ。心の垢を流し、心の塵を除くことをし続けること。これがシュリハンドクの行ってきたことなのだ。
 修行とはそのようなものではないのだろうか。

何かだんだんと上を目指して階段を上がるような修行を考える人もいるのかもしれない。しかし、シュリハンドクのように、汚れたらまた掃除をするということは、私たちの生きる姿を表わしてはいないだろうか。

というわけで、


ここまで読んでくださって、

本当にありがとうございました

 

箱根駅伝「シューズ」で見る勢力争い ナイキとNB躍進の理由

http://bunshun.jp/articles/-/5763

昔からマサイ族を参考にしたMBT や(http://www.mbt.com/ja-jp/homepage)

ビブラムファイブフィンガーズhttps://varmee.com/1156

最近ではワラーチと呼ばれる靴?https://ryotaromm.com/huaraches-quality-of-running/

風呂敷みたいな靴https://grapee.jp/82350

アディダスもhttp://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20111202/1038850/?rt=nocnt

とうとうこんな靴?靴下?までhttp://geared.jp/editors/2015/08/fyf.html

薄底VS厚底の戦いはまだまだ続きそうです

 

 

日本教育の“弱点” グローバルな人材が育たない3つの理由

 

 

1991年、ニューズウィーク誌で「世界で最も先進的な初期教育」として「レッジョ・アプローチ」を取り 入れた幼児学校が紹介された。その教育はモンテッソーリを継ぐ画期的な手法であるとして世界中のインテリ層が注目している。 『レッジョ・アプローチ 世界で最も注目される幼児教育』 の著者で、自身も日本で子育て中のアレッサンドラ・ミラーニさんに、その特徴を聞いた。

私がレッジョ・アプローチに初めて出会ったのは、今から十数年前のことです。当時私は、アメリカでしていた、獣医学の研究者という仕事を途中で中 断し、日本に来て、インターナショナルスクールの幼児クラスの教師をしていました。イタリアで幼稚園教師の資格は取得していたものの、現代の、いろいろな 文化的背景を持った子供を預かる国際的なクラスで教えるために、一番ふさわしい教育方法は何かを模索していました。そんな中で出会ったのが、1945年に 北イタリアの小さな街、レッジョ・エミリアで生まれたレッジョ・アプローチという教育法だったのです。

グローバルな人材が育たない日本の教育

 私自身、女の子と男の子、2人の子供の母親なのですが、我が子を最初は日本の公立の小学校に通わせていました。その体験から、どんどんグローバル 化してゆくこれからの社会を背負って立つ人を育てるという観点から見ると、日本の教育には大きな欠点がいくつかあることに気付きました。

 1つめは、教育内容が、子供たちから見て受け身の、知識の習得中心に偏り過ぎていること、そして生徒たちがペーパーテストの結果に縛られ過ぎていることです。

 その一方で、知識を現実の社会や生活と結びつけて、創造的な学習をすること、自発的、かつ批判的な思考をしながら、クリエイティブに物事を推し進めていく力を養うような教育が、軽視されているように感じました。

 2つめは、子供の個性を尊重し、伸ばすような教育がきちんと行われていないこと。特に中学校以降になると、全ての生徒が画一的に、無条件に守らな ければいけない「校則」があります。でも、その校則が何のためにあるのか、子供や家族には説明がありません。ただ決まりだから、みんな守っているからとい うだけ。それを誰も不思議に思わない。そんな環境で個性的な人間が育つのかな、という疑問を持ちました。

 3つめは、自分の考えを積極的に主張したり、他の子と議論したり、ネゴシエーションしたりということを、あまりにもさせないこと。実は、これが一 番問題だと思います。自分とは立場や考え方が違う人と議論したり、コミュニケーションをとったりという機会が少ないまま育てられた子供は、これからどんど ん社会が国際化する中で、様々に意見や利害、立場が異なる人々が一緒に働く場に置かれたとき、チームの仕事に重要な貢献をしたり、イニシアチブをとったり していくことが、困難になると思います。

 

 

 

レッジョ・アプローチが日本の子供の弱点を補う

 本書のテーマであるレッジョ・アプローチは、子供を無力で、大人から一方的に物事を教えてもらうべき、未熟な存在とみなしません。子供を、大人と 同じ権利を持った人間として認めた上で、子供の自発的な選択、発想、意志といったものを最大限に生かします。これによって子供たちの自主性、創造力、決断 力、表現力が伸びていきます。

 レッジョのプレスクールで学ぶ子供たちを見て、よく驚かれるのは、パソコンやプリンター、ウェブカメラといったハイテク機器を使いこなしているだ けでなく、アクリル絵の具や泥、針金といった、ふつうは幼児に触らせないようなものを使って、自在にものを作り出していることです。こうした「汚れるも の」「あぶないもの」から遠ざけるのではなく、子供たち自身が注意して扱えるよう大人がサポートするのが、レッジョの考え方といえるでしょう。

 また、レッジョ・アプローチの教育法には「時間割」というものがありません。その日にやる主な活動のプログラムは、朝のミーティングの時間に子供 たち同士が話し合って決めます。こうしたことによって「指示待ち」人間とは違う、将来、イノベーションを起こせる能力を持った人材が育っていくのです。

 もう1つ重要な点は、レッジョ・アプローチが、グループで話し合い、行動する、つまり「協働」することを重視しているということです。そうした中 で、子供たちは他者とコミュニケーションをとり、ネゴシエーションし、お互いの考え方や好み、立場の違いをすり合わせながら物事を前に進めていきます。本 当の意味での社会性を伸ばしていくことができるのです。

 たとえば、本書の中でも紹介した例ですが、ある4歳児のグループが皆で使っている小テーブルの長さを測ることになりました。彼らはメジャーや物差 しのような道具を持っていないし、使い方も知りません。どうしたと思いますか? 最初は毛糸で測ろうとしていたのですが、両側から引っ張ると伸びて長さが 変わることに気付き、話し合いの結果、引っ張っても長さの変わらないお絵描き用のカラーマーカーを使うことにしたのです。テーブルの長さは「カラーマー カー8本とペットボトルのふた1個分」であることがわかりました。彼らは4歳にして、ちゃんと協議し、皆で協力し合ってものごとを解決する能力を持ってい るのです。

 このような観点から見ると、レッジョ・アプローチには、日本の子供たちの弱い点を補う力があると思います。もちろん、幼児教育だけで教育問題が解 決するわけではありません。しかし、コミュニケーション能力、社会性、創造性といったものの基本的な部分は、子供時代のごく初期に形成され、その人の生涯 にわたって決定的な影響を与える、非常に重要なものとなります。ですから、レッジョ・アプローチの幼児教育を経験する子供は、確実に大きなプレゼントをも らうことになるでしょう。

「最も先進的な幼児教育法」と評価される理由

 レッジョ・アプローチは、1つの固定したメソッドではありません。また一種のマニュアルでもありません。その本質はひとつの哲学であり、子供への アプローチの姿勢です。その教育現場での実践内容は、世界の様々な地域の文化的状況によって変わります。また新しい社会環境の変化に応じて、日々刻々と 「アップデート」されていくものです。

 こうした、ダイナミックに動き続ける仕組みを持った教育法は、いままで世界に例がなかったのではないでしょうか。だからこそ、ニューズウィークを始めとする世界のメディアからも注目を集め、現在、最も先進的な幼児教育法として評価されているのです。

 本書が、これから日本にレッジョ・アプローチが導入されるときの入り口になることができれば幸いです。

 私の本を読まれて、レッジョ・アプローチに興味を持たれた方もいらっしゃることでしょう。しかし残念ながら現在のところ、日本国内には、まだレッ ジョ・アプローチに関する専門の組織や、完全なかたちでレッジョ・アプローチによる教育を行っている幼稚園等はありません。ただ私を含め、数人の教師に よってレッジョ・アプローチを取り入れた教育をしているプレスクールが東京にあります。スクール側の日程と都合が合えば、ご参観いただける可能性がありま すので、幼児教育の専門家や親御さんで参観を希望される方は、下記までお問い合わせください。

―――

1966年、イタリアのカステルフランコ・ヴェネト生まれ。故郷で幼児教育と学童教育を学び、小学校教員の資格を取得。パルマ大学獣医学科を卒業 後、EUの奨学金でスペインのサラゴサ大学に留学。1993年米国のカリフォルニア大学デービス校に移り、比較病理学の修士号を得る。その後同校の研究者 として勤務していたが、幼児教育への情熱を捨てがたく、縁あって来日した後はその道に専心。約9年前、在日イタリア人やイタリア人とのハーフの子供を教え るプレスクール、ダンテ・アリギエーリ協会東京支部「GGDA」 http://www.il-centro.net/wpggda/ を創設、校長兼教員に就任。レッジョ・エミリアのメソッドを使った教育を実践している。二児の母でもある。

(アレッサンドラ・ミラーニ )

日本教育の“弱点” グローバルな人材が育たない3つの理由

文春オンライン / 2017年12月1日 7時0分

IMG_6166

IMG_6258

IMG_6177

IMG_6176

 

今宵はここまでにしとうございます

 

であまた

それではみなさん、おやすみなさい

582372_469147726481362_97494347_n

 

 

 

 


カテゴリー: N ♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>