自然住宅サンビック 第拾六工事 先頭を

毎度 いつもお世話になっております

N♪です

今回のテーマ曲は、W.A.S.P.のForever Freeです

YouTube Preview Image

何?W.A.S.P.といえば1stのアニマルだろ、とか、いやいやI Wanna Be Somebody

とか、The Crimson Idol忘れたの?とか

色々皆様も思い入れがあるでしょうが、あえてこのForever Freeがおすすめです。

私が最初にW.A.S.P.を聴いたアルバムが1989年発表のThe Headless Children

でしてジャケットや名前からは想像できないイイバンドだと思いました。

ワイもこの時期になると毎年恒例のあの行事に参加する。

そう、第27回ぐんまマラソンである。

今年は久々にリバーサイドジョギングに参加してきた。

IMG_9405

IMG_9404

参加者が食べられる おきりこみ とかいう食べ物

IMG_9471

雑念を捨て、一人黙々と走るのは、つらいこともあろうが

楽しいものであるよ 参加人数も多いしスタッフさんには感謝したいです。

また来年、走るよ

 

 

そして今回の言葉

 

「先頭を走る者がいつも正しい」

 

112c8dc7-74e2-4908-925f-ed31cc11c571

 

 

 

この言葉は曽田正人さんの「シャカリキ!」という自転車漫画からです。

山岳王の証である赤い水玉のジャージ「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ」に

憧れました

というわけで、


ここまで読んでくださって、

本当にありがとうございました

 

「考える力がない子」を変える3つの問いかけ | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「考える力がない子」を変える3つの問いかけ

具体的な導き方は、意外と大人も知らない

 

 

中1と小5の息子がいる母親です。
先日、塾で面談があったのですが、そこでは「○○君は基礎力はありますが、応用力がありません。
考える力が足りないので、応用できないようですね。
もう少し考える習慣を家庭でもつけてください」と言われました。
確かに応用力がないと思い、子どもには「ちゃんと考えるようにね」と言ってはみますが、
なかなか考えるようになっているようには思えません。
考える力を身につけるにはどうしたらいいでしょうか。
どうしたらいいかわからないため、ご相談しました。
よろしくお願いします。
(仮名:本郷さん)
 

 

「考えなさい」という側がその意味を必ずしも知らない

     

 

「応用力がない」という言葉はこれまで、数多く、あらゆる場面で聞いてきた言葉です。
子どもの指導でも、基礎問題、応用問題と分かれていますね。
基礎問題はできるが、応用問題はできないという子は非常に多いものです。
本郷さんの最終的な質問として、「考える力を身につけるにはどうしたらいいでしょうか」とあります。
もちろん応用力をつけるには、考えることが大切なことなのですが、
「考える」とはどういうことか、そもそもその意味がわかっていないで使ってしまっている可能性もあります。
「どういうことを”考える”というのかご存じですか?」と問われて答えられるでしょうか。
 
かくいう私も20歳まで、考えるとはどういうことか知りませんでした。
ですから勉強しても表面的に点数は取れますが、応用問題などの“変化球は打てなかった”のです。
その後、塾を開設し、学校法人の経営を行うようになって気づいたことが、
多くの人が「考えるとはどういうことか」「考える方法とは」を知らずに、
「考えなさい」という言葉を使っていたことだったのです。
これでは言われたほうもたまったものではありません。
勉強の世界では、このように抽象的な言葉で激励するだけで方法論は伝えない、
という不思議な現象が多々あるのです。
たとえば次の2つはその典型だと思います。
例1)「勉強しさない!」と言われることはあっても、「具体的な勉強方法」を教えてもらうことはさほどありません。
にもかかわらず、「勉強しなさい!」という言葉だけが独り歩きしている。
例2)「来週テストするから覚えてくるように」と言われることはあっても、
「覚え方」を教えてもらったことはない。にもかかわらず、
誰もが覚え方を知っていることを前提として「来週テストするから」と言われる。
もちろん、このような方法を教えてくれるすばらしい指導者の方も世の中にはたくさんいます。
そのような先生に当たればラッキーですが、少なくとも私自身教えてもらった記憶はありませんし、
さらに私が指導してきた子どもたちに聞くと、これまで方法を教えてもらったことがないという子ばかりでした。
これでは、
いくら「勉強しなさい」「覚えなさい」と言われても、
せいぜい、ノートを見るか、教科書を眺めるか、
問題集を1回解いたというレベルとなってしまうのも無理はありません。
しかも、そのようなやり方では点数につながらないため、もともと面白くない勉強がさらに嫌になってしまいます。
これと同じことで、「考えなさい」と言われても「考え方」を教えないので、
いつまで経っても、考えるようになりませんし、応用力をつけるなど、夢のまた夢となってしまうのです。

「考える」が始まる、3つのアプローチ

そこでまずは、「考える」とはどういうことか、筆者の考えをお話ししましょう。
これがわかるとどのようなアプローチを取ればいいかわかります。
【「考える」とは】 
「自分の言葉で語れること(What)」
「疑問に思うこと(Why)」
「手段や方法を思いつくこと(How)」のいずれかのことをしているときに、
「考えている」という状態になると考えます。
通常の教育では、「これは何?」「どこ?」「いつ?」「どっち?」が多く、
このようなインプットばかりのアプローチでは、考えるという行為は起こりにくいのです。
しかし、次の3つのアプローチを使うと「考える」が始まります。
1)「自分の言葉で語れること(What)」 「この問題の解き方を自分の言葉で言うとどうなる?」
「この人の言っていることってどういうことだろうね?」
「要するにこれはどういうことなんだろうね」と聞き、“自分の言葉で”語らせるようにすると、
頭が動き始めて、「考える」ことが始まります。
2)「疑問に思うこと(Why)」
「なぜそうなの?」
「なぜだと思う?」
「どうしてこうなんだろうね〜」と問われると人間は、考えます。
どうしてだろうかと。
たとえば、「あなたの住所はどこですか」と聞かれると、頭に入っている知識をアウトプットすればいいですね。
このときは考えていません。
しかし、「なぜ、そこに住もうと思ったのですか」と聞かれると、「あれ、どうしてだったかな」と考え始めますね。
これが考えるということです。
3)「手段や方法を思いつくこと(How)」
「どうしたらいいと思う?」
「どのように感じた?」など英語で言うHowに関係する質問をすると考え出します。
これも単に知識を問いているわけではなく、考えないと出てこない質問です。
これら3つのアプローチは、勉強での応用力のみならず、
実は、社会人となって求められる重要な要素なのです。
私は現在、第一線で働く社会人の方を対象に研修も行っています。
その社会人研修ではよく、「what why how」 の3つについてお話をします。
これらは、いずれも社会で必要な視点であるといわれているからです。
「課題は何か?(What)」
「なぜそうなのか?(Why)」
「ではどうすればいいのか?(How)」という3つの視点がないと企業は進化発展できません。
科学の世界でも、この3つを重ねて進化してきていますね。
もちろん昨今のテクノロジーもしかりです。
以上のように、社会に出て最も必要とされる3つのアプローチを使って、
「考える力」をつけておくと、勉強での応用力のみならず、
将来にもつながる本質的能力を手に入れたことになります。  
 
 

あまりアウトプットの質を問うと台無しになる

 
ただし、気をつけなければならないことは、
「質問をして、相手が答えられなくてもいい」ということを知っておくことです。
質問されると自動的に頭は考え出しますから、アウトプットの質は問いません。
答えなくても頭は動いているということなのです。
この点知らないと「なぜわからないの!」という言葉が出てしまうと、
せっかく考え始めた子どもをがっかりさせる可能性があるので注意が必要です。
このように「考える」ということができるようになるには、
問いかけが大切になります。
テーマは日常のテーマなんでも構いません。
逆に勉強以外をテーマとしてほうがすんなりと入りやすいのですね。
ぜひ、ご家庭でこの3つのキーワードを使って「考える力」を伸ばしていってください
 
  http://toyokeizai.net/articles/-/190416?page=3 IMG_9258 IMG_9259 IMG_9143 IMG_9165 IMG_9323 IMG_9281 IMG_9282 IMG_9283 IMG_9284    

今宵はここまでにしとうございます

 

であまた

それではみなさん、おやすみなさい

582372_469147726481362_97494347_n

 


カテゴリー: N ♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>