鍋割山登山の儀 ~激闘編~

 

サンビック名物

 

 

鍋割山登山の儀

 

 

その激闘の記録をここに残したいと思います・・・・

 

 

 

11月20日

8:00  赤城山姫百合駐車場にて・・・

 

サンビックの命知らずが集まった・・・

 

何人かを紹介しよう

 

まず一人目!

絶対的エース NAO先輩!!

 

484267767_84ef1870b61

NAO『ジャングルは俺の生まれ故郷だぜ!!』

 

 

 

二人目!

若手のホープ!イケメンYUUTA!!

 

otoko121YUUTA『もしもの時に備えてチョコレート用意しておきました!!』

 

あまーーーーーーい!!

 

 

三人目!

費用対効果のSHU先輩!!

 

 

リスクマネジメントを考え、まさかの欠席!!

 

 

 

 

上記2人を含めた計9人で鍋割山の頂を目指した・・・・

 

このときは

 

 

あんなことになるなんて誰一人思ってもいませんでした・・・

 

 

 

登山口につくと

dsc_1206

先の見えないほどの、階段が続いている・・・

 

 

登るしかない・・・

 

 

登らなければ山頂にはたどり着かない・・・

 

 

ただひたすらに登っていく

 

 

10分は登っただろうか・・

 

 

ふと後ろを見るとNAO先輩とYUUTAがいない!!

 

 

修行不足の二人にはこのペースについてくるのは無理だったか・・・

dsc_1237

ほぼ一本道だし心配はないだろう・・・

 

そう思い我々は先に進んだ・・・

 

dsc_1208

道なき道を進んでいく・・・

 

dsc_1224

 

 

dsc_1219この日、天気が良く景色は最高です!

 

 

 

2時間ほどは登っただろうか・・

山頂らしきものが見える・・・・・

『山頂がみえたぞーーーーーー!!』

誰かが叫んだ

dsc_1225

 

喜びながら走っていくと・・・・

 

そこには・・・

 

dsc_1221

違う山かーい!!

 

yjimagef58qaxch%ef%bc%91

 

そこからさらに30分ほど登る・・・

 

dsc_1224 ん・・・・?

 

何かみえる・・・

 

 

dsc_1230

鍋割山山頂

 

登頂成功ーーーーー!!

 

無事登頂成功!

 

 

後はうまい飯を食べて・・・・・

 

 

あれ・・・・

 

 

NAO先輩とYUUTAがいない・・・

 

 

まさか・・・dsc_1236%ef%bc%91

こんなことになっているのか・・・

 

このパターンの場合大体大丈夫のはず・・・

 

 

 

1時間経過・・・・・・・・・・

0f70d40cd717da9884998d68283c5fd7

こない・・

 

携帯で連絡すると・・・

 

NAO『荒山にいる』

 

ハイ

 

違う山ー

 

こうやって遭難はおきるのです

 

皆さん気を付けましょう

 

NAO先輩が体をはって教えてくれました

 

さらに30分後・・・・・

 

dsc_1244NAO&YUUTA到着!!

 

『はあはあ』言ってます

興奮しているのでしょうか

 

やっと全員そろったので昼飯です!!

dsc_1231

最高にうまそう!!

 

山頂でのらーめんはやばいです

 

dsc_1234%ef%bc%91

 

%ef%bc%81

YUUTA『あまーい!いや・・うまーい!!』

dsc_1235すぐに完食!!

 

このあと遭難の反省をいかし

 

全員で下山しました。

 

050316-71

 

 

HIRO.Aでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: HIRO.A パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>