我家のイス紹介②

皆さんこんにちは。HIRO.Sです。我家のイス紹介②です。

p1010476トリップトラップ(ストッケ社)

ノルウェーのデザイナー、ピーター・オプスヴィックによって1972年発表時、子供イスというカテゴリーに革命を起こした独創的なハイチェアです。子供の年齢、身長にかかわらず、快適で人間工学に基づいた姿勢で正しく座ることができます。

 

p1010473バリアブル(ストッケ社)

ピーター・オプスヴィックによって1979年にデザインされた世界で最初のバランスチェアです。「座るだけで姿勢が良くなる」というコンセプトはそれまでのイスの概念を大きく変えました。人間工学に基づいてつくられたバリアブルは「座る人の動き=体の欲求を助ける」という機能を持ち合わせています。子供部屋での学習イスとして最適で、良い姿勢と深い呼吸を促し、思考力を高め家での学習能率を高めます。また、作業中に背筋を伸ばし、背筋を強くする効果を兼ね備えています。

 

p1010471p1010472バンビーニ(sdi社)

佐々木敏光が我が子のためにデザインした木馬にもなる子供イスです。人間工学的検知から何度も改良されて現在の形に至っています。佐々木敏光が名もない時代、家具作りで生計を立てていた時に考案し、デザイナーとしてデビューするきっかけとなったチェアです。

p1010474ピッコラ(sdi社)

子供たちの好奇心をかきたてるために考えられたチェアです。これまでの子供家具の概念を新しい形に変えた美しく洗練されたデザインは、デザイナー佐々木敏光の長いキャリアから生み出した逸品です。

 

我家のイス③につづく

 


カテゴリー: HIRO.S パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>